ダイソーのマイクロビーズネックピローが仮眠をとるときに便利!

どうも(^^)ケンタローです☆
今日は仮眠をとるときに便利な商品を紹介したいと思います。

車や飛行機の移動で仮眠をとるときに欠かせないのが首元のクッション。
これを使って寝るかどうかで寝起きの疲れ具合がかなり変わります。
100均ダイソーでオススメなのがマイクロビーズネックピロー!
値段は300円ですがビーズのクオリティや程よく首周りを包んでくれる機能性を考えると十分安いと思います。

まずは画像から!

 

ダイソーのマイクロビーズネックピロー

【商品の特徴】
・マイクロビーズ入りクッション
・サイズ28×27cm
・洗濯はできない

まずは表面の手触りから!
ボーダー柄の表面はポリウレタンが8%混ざっているので、伸縮性があり簡単に破れなさそうな感じです。
感触はややざらざらした感じなので気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、タオルなど敷けば解決します。

裏面はポリエステル100%で起毛素材のような感じになっているので、肌触りが気になる方はこちらを表面にして使ってもいいかもしれません。
裏表それぞれ感触が異なるので好みのほうで使っていただけます。

使った感想!
まず寝ている間は首がしっかり固定されるので、首にかかる負担が軽減されるのを感じます。
車や飛行機の椅子で寝るときは頭が傾いてしまい首や背中に負担がかかることが多かったのでかなりありがたいです。
個人的にはビーズの量がちょっと多いと思うので、あと10%ぐらい減らしてほしいですね。
まあこれは使っていくうちにちょうどよくなっていくのを祈ります。


下の方にあるパッチボタンは首に巻き付けるために使うものだと思っていましたが、どう考えても息苦しくなります。
恐らく小さい子供ぐらいしか使用中にとめるのは難しいでしょう。
そこで僕は考え方を変えて、使用中は外し、保存するときは形を崩さないために使うボタンとして使用しています。


フックにもかけられるようになっているので、カバンに付けたり車のシートに吊るしたりと収納面も優れています。
僕は車の中に入れていますが、助手席のシートに吊るしているので普段は全く邪魔になりません。

購入する前は100均にしては300円は高いなと感じていましたが、使用してみると300円以上の価値があったので満足しています。
移動や仮眠をとる機会が多い方には非常にお勧めの商品なので一つあると便利だと思います。

今回は以上になります(^^)

ダイソーのレンジラップがエコで使い勝手もいい!

どうも(^^)ケンタローです☆
今日は調理器具関連の商品を紹介したいと思います。

食材の保存に欠かせないのがラップフィルム!
使い捨てのほうが便利ですが、できれば使いまわせるほうが経済的でいいですよね。
ダイソーなどの100均に売っているレンジラップなら保存だけでなく電子レンジにも使用できるので非常にエコです。
サイズも三種類あるのでいろんな食器に使えます。

まずは画像から!

 

ダイソーのレンジラップ

【商品の特徴】
・冷蔵庫で保存してそのままレンジで使える
・洗えば何回も使用可能
・大きさは大中小の三種類(僕が購入したのは大と中)
・大(直径22cm)、中(直径18.5cm)、小(買ってないのでわかりません)

【使い方】
冷蔵庫に保存するときは食器に合ったサイズのレンジラップをかぶせるだけです。
購入する前にある程度サイズを測っておいたほうがちょうどいいものを選べるのでお勧めです。

電子レンジで加熱するときは冷蔵庫からそのまま入れるだけでいいのですが、グリルやオーブンの時には使用できないので注意が必要です。
また、油分や糖分の多い食品だと加熱中にはねる可能性が高いので、できる限り避けた方がいいでしょう。
レンジで温めた後は蓋の内側に湯摘が付いていることが多いので、取り出すときにやけどをしないように気を付けたほうがいいです。


頻繁に使う方はフックに掛けておけばすぐに取り出せるので、収納の仕方も工夫できます。
僕は冷蔵庫の上に電子レンジを置いているので、冷蔵庫のフックに掛けています。
すぐに取り出すことができるので結構便利です。
また、プラスチック素材なので高温になる場所や火の近くに置いてしまうと変形の原因になります。
金属製のたわしなどを使っても劣化の原因となるので、洗うときはスポンジでサッと洗う程度がちょうどいいと思います。

僕はたまたま頻繁に使用する食器とサイズが合ったので、最近ではよく使うようになりました。
食器とサイズが合えば一つ買っておくと便利だと思います。

今回は以上になります(^^)

ダイソーの自転車補修用虫ゴムセットが結構使える!

どうも(^^)ケンタローです☆
今回は自転車関連でオススメの商品があるので紹介したいと思います。

一般的なママチャリは英式バルブを使用しているので、中の虫ゴムが劣化してくると空気が抜けやすくなってしまいます。
ダイソーなどの100均には自転車補修用虫ゴムセットが売っており、わざわざ自転車屋さんに持っていかなくてもこれがあれば自分でメンテナンスできます。
交換方法も簡単なので揃えておくと便利かと思います。

まずは画像から!

 

ダイソーの自転車補修用虫ゴムセット

【商品の特徴】
・英式バルブ専用
・虫ゴム8個、バルブ2個、ナット2個、キャップ2個
・交換用虫ゴム

最近僕が乗っている自転車の空気がすぐに抜けてしまうようになってしまったので、気になって自転車屋さんに持って行きました。
僕はパンクでもしたかな?と思っていたのですが、どうやら虫ゴムが原因だったようです。

虫ゴムを外してみたらちょうど穴の部分が破けていたので、空気漏れの原因はこれなんだとわかりました。
虫ゴムなら100均にも売っているだろうと思いダイソーへ行ったところ、自転車補修用虫ゴムセットがあったのですぐ購入しました。
スーパーバルブも一緒に売っていたのですが、とりあえず両方購入して虫ゴムから取り付けました。

【使い方】
既存のバルブに付いている虫ゴムを取り外して交換するだけです。
交換するときに滑りにくくて取り付けがうまくいかないときは、水や石鹸水をつけると取り付けやすくなります。

取り付けるとこんな感じ。
ポイントは「バルブのくぼみの部分まで覆うように十分押し込む」こと!
これができていないとどんどん空気が抜けてしまうので、しっかりおさえておきましょう。
先端部分もゴムがやや余るぐらいがちょうどいいそうです。


後はバルブを空気穴に戻すだけです。
細かい汚れを落とすための爪楊枝以外特に工具を使う必要がないので本当に手軽です。
今回のように虫ゴムだけ劣化している場合はゴムだけ交換すればいいですが、バルブやナットが消耗している場合は新しいものに交換することをおすすめします。
長期間使っていると錆び付いていたりネジ穴の部分が欠けていたりするので、交換ついでにチェックしておくほうがいいでしょう。

この後空気を入れて走行しましたが、特に問題なく走れました。
2週間ほど経過していますが空気の漏れも心配なさそうです。
説明欄には「虫ゴムの交換頻度は月に1回程度」と書いてありますが、いろいろ調べるとだいたい1年ぐらいは大丈夫みたいです。
自転車のメンテナンスは意外と自分でできる範囲が多く、今回の方法も初心者の方でも十分できる作業なので一式揃ええおくと便利かと思います。

今回は以上になります(^^)

ダイソーの自転車用スーパー バルブセットが使える!

どうも(^^)ケンタローです☆
今回は自転車関連でオススメの商品があるので紹介したいと思います。

ママチャリなどの自転車で必須となってくるのが定期的な空気入れ。
抜けたまま走行するとパンクの原因になるのでこまめに入れておきたいですが、できる限り少ない回数ですませたいですよね。
100均ダイソーに売っている自転車用スーパー バルブセット を使えば通常よりも楽に空気を入れることができ、空気を入れる頻度も少なくなります。
普通に購入すると数百円かかるので100円で購入できるのはかなりお得です。

まずは画像から!

 

ダイソーの自転車用スーパー バルブセット

【商品の特徴】
・英式バルブ専用
・逆流防止弁付きで空気漏れを大幅減少
・虫ゴム不要、簡単装着
・虫ゴムの約10倍長持ち

最近僕が乗っている自転車の空気がすぐに抜けてしまうようになってしまったので、気になって自転車屋さんに持って行きました。
僕はパンクでもしたかな?と思っていたのですが、どうやら虫ゴムが原因だったようです。

虫ゴムを外してみたらちょうど穴の部分が破けていたので、空気漏れの原因はこれなんだとわかりました。
虫ゴムなら100均にも売っているだろうと思いダイソーへ行ったところ、偶然スーパーバルブも一緒に売っていたので購入。
いろいろ調べてみるとスーパーバルブの方が機能性がよく長持ちするようなので、またゴムが破けて交換するのも面倒だと思いスーパーバルブに替えてしまおうと思いました。

【使い方】
既存のバルブを抜いてスーパーバルブを入れるだけなので超簡単です

バルブキャップとバルブナットも古くなっていると思うのでそのまま新しいものに替えたほうがいいと思います。

取り付けてから1ヶ月も経過していないので空気漏れについては何とも言えませんが、空気を入れるときは楽になったと感じます。
空気入れを数回ポンプすればかなり空気が入るので、通常のバルブとの違いを感じさせてくれます。
空気を入れるときの快適さから考えると、空気漏れも大幅に減少されているとおもうのでかなり期待できますね。

普通に購入すると数百円かかるので、100円で買えるのはかなりお得だと思います。
初心者の方でも簡単に取り付けできるので、一つ購入しておいて虫ゴムが破れた時に交換するのもいいかもしれません。

今回は以上になります(^^)

100均ダイソーのアイマスクを比較してみた!

どうも(^^)ケンタローです☆
今回はダイソーにいくつか売っているアイマスクを比較してみました!

長距離移動やちょっとした休憩時間における仮眠の質を上げてくれるアイマスク!
光の遮断以外にも目を覆ってくれる役割もあるので安眠できます。
100均にも何種類ものアイマスクが売っており、用途もそれぞれによって若干異なります。
今日は個人的に使えそうなものをダイソーで3点購入したのでそれぞれ比較してみたいと思います。

比較するのはこちらの3点です!

ダイソーのアイマスク

ざっと商品を見渡して使えそうなものを選んで購入しました。
ほかの商品はデザインはオシャレなのですが、機能性はそこまでよくなさそうだったので今回は除外です。

1点目:タオル地アイマスク(チェック柄)


・タオル地のアイマスク
・ゴムの長さ調整が可能
・耳にかけるタイプではないので耳が痛くなることはない

この商品の特徴は「裏地がタオル地で肌触りがいい」ところ!
光の遮断については中にスポンジが入っているので真っ暗まではいきませんが、程よく光を遮断してくれます。
水洗いもできるので衛生面も問題なさそうなのですが、生地がボロボロにならないのかがちょっと心配。
個人的にはゴムひもが耳にかけるタイプでないことが結構ポイントが高いです。
ゴムひもの長さも調節が可能なので後頭部にストレスがたまる心配もありません。

2点目:立体型クッションアイマスク


・立体型のアイマスク
・ゴムもマジックテープで調節が可能
・耳にかけるタイプではないので耳が痛くなることはない

このアイマスクについては正直アイメイクが落ちないだけで使い心地は求めていませんでしたが、予想外に着け心地が良かったのでびっくりしました。
目の周りをスポンジで覆ってくれるような感じなので、目を圧迫せずふんわり包んでくれます。
「まつ毛に付かないからアイメイクが崩れにくい」と書いてあるように女性向けの商品ですが、普通に男性が使ってもいいと思います。
裏地が黒くなっていることもあり光も結構遮断してくれますが、下から若干光が漏れてしまうのがちょっとおしい。
なんと水洗いも可能なので衛生面も問題なしです。

3点目:クール&ホットアイマスク


・冷・温両方で使えるアイマスク
・繰り返し使うことができる
・耳にかけるタイプではないので耳が痛くなることはない

こちらの商品は仮眠を取るためのアイマスクではなく、目が疲れた時にリフレッシュするために使う商品ってイメージです。
冷やすときは冷凍庫に30分以上または冷蔵庫に2時間以上入れ、温める時は熱湯に3分ほど入れれば準備できます。
個人的には温かいほうが効く感じがしますが、わざわざ熱湯に付けないといけないのでそれがちょっと面倒くさいですね
後ろはゴムひもタイプになっておりフィット感もなかなかいいです。
2017年3月時点では販売されていなかったのでもう生産中止になっている可能性が高いです。

 

いかがだったでしょうか。
上記の記事を見ていただければわかるかと思いますが、単純な優劣はつけることができずそれぞれ一長一短あります。
ご購入を検討される方は、用途によって使い分けていただくのが一番いいと思います。

今回は以上になります(^^)

セリアの針のいらないホッチキスが結構使える!

どうも(^^)ケンタローです☆
今回は文房具関連の商品で補助器具として使えるものを見つけたので紹介します。

書類をたくさん扱う仕事の方にとって必需品でもあるホッチキスですが、意外と針がすぐになくなることも多いかと思います。
そんな時に役に立つのが100均セリアに売っている「針のいらないホッチキス」。
数枚程度の量であればでも十分まとめられるので、書類の量が少ない時はこのホッチキスを使えば針の節約になります。

こちらです!

セリアの針のいらないホッチキス

【商品の特徴】
・針不要(消耗品の補充必要なし)
・針がないから安心安全
・4枚とじまで(頑張れば6枚ぐらいはいける)

【使い方】
基本的には普通のホッチキスとほとんど使い方は変わりませんが、閉じる部分が2cmぐらい必要なのでややゆとりをもって止めるほうがいいです。


裏面に書いてある説明によると以下の手順です。
①そろえた紙を、挿入口の奥までしっかり差し込んでください。
②ハンドルをカチッと手応えのあるところまで、強く握ってください。
③ハンドルの力をゆるめて、紙を抜いてください。

一度に閉じることができる書類の枚数は4枚までとありますが、僕が試した限りでは6枚までは閉じることができました。


閉じるとこんな感じ。
紙で紙をとじるような仕組みになっていて結構シンプルです。


ちなみに裏面です。
ちゃんと後ろから閉じられているのがわかります。

 

閉じた書類は意外としっかり固定され、振り回したりしなければ崩れることもないので機能面は問題なしです。
100均の商品なので若干安っぽい感じがあり乱暴に扱ってしまうと壊れてしまいそうですが、丁寧に扱えば長持ちしそうです。
数枚程度の書類をまとめるときはこの針のいらないホッチキスを使えば、トータルで針をかなり節約することができます。
針があるホッチキスはメインで使って、この針のないホッチキスは補助として使っていけば事務の経費削減も出来るかと思います。

今回は以上になります(^^)

眼精疲労にはダイソーのクール&ホットアイマスクがおすすめ!

どうも(^^)ケンタローです☆
今回は眼精疲労が激しい方に役立つ商品を紹介したいと思います。

デスクワークが長い方はパソコン画面の見過ぎで眼精疲労になる方も多いと思います。
僕もパソコンの画面を見ることが多く目が疲れることが多いので、悩みの種でもあります。
100均ダイソーのクール&ホットアイマスクなら冷やしても温めても使えるので好みの方法でリラックスできます。
中身がジェル状で何回も使えるのでコスパもいいです。

こちらです!

ダイソーのクール&ホットアイマスク

【商品の特徴】
・冷・温両方で使えるアイマスク
・繰り返し使うことができる
・耳にかけるタイプではないので耳が痛くなることはない

【使い方】
冷やすときは冷凍庫に30分以上または冷蔵庫に2時間以上入れ、温める時は熱湯に3分ほど入れれば準備できます。
後は目が疲れた時にアイマスクを付ければいいだけです。
使用時間は15分~20分ぐらいが限界で、それ以上経過すると常温に戻ってしまいます。

冷・温どちらも試してみましたが、個人的には温かいほうが効く感じがします。
ただ、冷やすのは冷蔵庫に入れればいいだけなので楽ですが、温める時はわざわざ熱湯に付けないといけないのでそれがちょっと面倒くさいですね。

後ろはゴムひもタイプになっておりフィット感もなかなかいいです。
水につけてしまうと伸びてしまうと思うので、温める時は熱湯につからないように気をつけたほうがいいと思います。

仮眠を取るためのアイマスクではなく、目が疲れた時にリフレッシュするために使う商品ってイメージです。
実際に仮眠の時にアイマスクとして使っても、重くて光も漏れるのであまり向いていませんでした。

今回は以上になります(^^)

P.S
2017年3月現在では販売されていないようです。
売れないからなのかコストの面なのかは不明ですが、個人的には気に入っているのでまた販売される事を祈っています