100均ダイソーの重曹使ってみた!~鍋底の焦げ編~

Pocket

どうも(^^)ケンタローです☆
今日は掃除の時に非常に役に立つ商品を紹介します。

様々なことに使うことができる重曹!
特に掃除の時には汚れを落としたり臭いをとってくれたりと大活躍してくれます。
100均ダイソーに売っている重曹は100円なのに量が多く、粉タイプなので水と合わせれば様々なことに使えます。
弱アルカリ性なので洗剤を使いたくないキッチンやトイレなどにオススメです。

こちらです!

ダイソーの重曹

弱アルカリ性なのでキッチンでもトイレでも洗面所でも様々な場所でお使いいただけます。
物質同士を混じり合わせる性質のある界面活性剤も入っていません(重曹なので当たり前ですが)。

良い点だけまとめると
・中性に近いアルカリ性のためいろんな場所に使える。
・においが全然気にならない
・肌に触れても安心

こんなところですね。

今回は鍋の底に付いた焦げをとるのに使用!


鍋に入れたカレーを温めていたのですが、食器とか出している間にいつの間にか焦げてしまいました。


近くで見るとこんな感じ。
画像の2倍ぐらい焦げついていたのですが、洗剤とスポンジで多少落とせました。
しかし、これ以上はさすがに無理だと思ったので今回は重曹に頼ってしまいました。


まずは鍋の中に水を張って粉の重曹を入れます。
割合は大体「水:重曹=2:1」が基本みたいですが、大きい汚れでなければ大さじ2杯ぐらいでも大丈夫です。
逆に換気扇などの油汚れの場合は「水:重曹=1:2」ぐらいのほうがいいみたいですね。
今回はそんなに大きい汚れではなかったので大さじ1杯半ぐらい入れました。


水と重曹の準備ができたら鍋を温めます。
沸騰させるまで温め、その後は弱火で10分ほど放置します。


10分沸騰させ続けたら冷めるまで待ちましょう。
つけておくと汚れが取りやすくなるので5分ぐらいは待った方がいいと思います。


後はスポンジで汚れを取るだけです。


そんなに力強くこすらなくても簡単に汚れが取れました。
本当に跡形もなく取れたので結構驚いています。
鍋底の焦げがひどい場合は、スポンジではなくヘラを使って取るのも有効的です。
一応弱アルカリ性なので長時間手が触れているとただれてしまう可能性がある為、こするときは時間をかけすぎないようにするかゴム手袋など付けたほうがいいでしょう。

鍋底が焦げてしまいなかなか落ちなかったので焦りましたが、念のため100均ダイソーで買っておいた重曹がこんなところで役に立つとは思いませんでした。
家に一つあるといろいろと使えるので一つ購入しておくと便利だと思います。

今回は以上になります(^^)

投稿者: ケンタロー

一人暮らしを始めた僕がコスパの高い100均商品を中心に生活がはかどる日用品を紹介しています!「役に立った!」などのコメントはモチベーションが上がるのでどんどんして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください