ダイソーの携帯電話ホルダーがシンプルかつ機能的!

どうも(^^)ケンタローです☆
今日紹介するのはカー用品に関する商品です。

車内での携帯電話(スマートフォン)の置き場所って意外と困りますよね。
ドリンクホルダーに入れるのは不格好ですし走行中に落ちてしまうこともあるので大変危険です。
100均ダイソーの携帯電話ホルダーはエアコンの吹き出し口に取り付けられるのでどんなクルマでも使用できます。
縦横回転するので状況に合わせて設置できるのも便利です。

まずは画像から!

ダイソーの「携帯電話ホルダー」

【スペック】
・携帯電話ホルダー
・360度回転が可能
・横幅4.2~6.5mmまでの携帯電話に対応

【使い方と感想】
取り付け方は2通りあります

①エアコンのフィン(吹き出し口)に取り付ける
②両面テープで貼る

以上の2通りですが、今回は画面が見えるように壁に掛けたかったので、エアコンのフィンに取り付けました。
壁にかける場合100均のクオリティを考慮すると、両面テープだとすぐにとれてしまう可能性があるのでやめたほうが無難だと思います。

まずは付属のクリップを取り付けます。

長さは2種類あるのでサイズ感のいいものを選べばいいと思いますが、取り付けに慣れていない場合は長いほうが取り付けやすいです。
ただし、吹き出し口が短いのに長いクリップを使用するとホルダーが安定せず運転中にガタガタ動いてしまうので注意が必要です。
今回はサイズ感も考慮して短いクリップを使用しました。

クリップを取り付けるとこんな感じ。
真ん中にある円形の穴にクリップを入れて横にスライドさせれば準備完了です。
あとはクーラーの吹き出し口に取り付けるだけなのですが・・・・


付けようとした時に気がついたのですが、僕の車の吹き出し口は縦向きになっていました。
ほとんどの車では横向きについていることが多いので気にしていなかったのですが、まさかの自体でした。
奥の方にもクリップを引っ掛ける部分があったのですが、長い方のクリップでも届きそうになく縦につけることを決意。


縦に設置したらこんな感じ。端末はiPhone4です。
iPhone5も横幅はほぼ同じなので難なく取り付けられると思いますが、iPhone6ぐらいになると取り付けるのが難しいかもしれません。
引っ張りながら取り付けられるワンプッシュ・リリースという機能のおかげで、携帯電話(スマートフォン)をつけるのは簡単です。
滑り止めスポンジがスマートフォンをしっかり固定してくれるので、ホルダーから落ちてしまう心配もありません。
今回縦に設置したことにより左右に揺れることはあまりないのですが、スマホが下を向いてしまうのでちょっと画像が見にくいのが難点ですね(^^;

【注意点】
エアコンの吹き出し口に取り付けたときは、エアコンによってスマートフォンの温度が変わってくるので注意が必要です。
特に冬場は充電しながら動画再生などして、さらに暖房を当ててしまうとスマートフォンがとんでもなく熱くなってしまいます。
逆に夏はクーラーを効かせるので充電しながら使用しても熱くなりません。
僕は夏には弱めの風を当て、冬は吹き出し口から温風が出ないようにして温度調整しています。
スマートフォンのために温度調節するのもおかしな話ですが、熱くしすぎても冷たくしすぎて携帯端末には良くないので、そこらへんも気をつけたほうがいいでしょう。