100均ダイソーの重曹使ってみた!~鍋底の焦げ編~

どうも(^^)ケンタローです☆
今日は掃除の時に非常に役に立つ商品を紹介します。

様々なことに使うことができる重曹!
特に掃除の時には汚れを落としたり臭いをとってくれたりと大活躍してくれます。
100均ダイソーに売っている重曹は100円なのに量が多く、粉タイプなので水と合わせれば様々なことに使えます。
弱アルカリ性なので洗剤を使いたくないキッチンやトイレなどにオススメです。

こちらです!

ダイソーの重曹

弱アルカリ性なのでキッチンでもトイレでも洗面所でも様々な場所でお使いいただけます。
物質同士を混じり合わせる性質のある界面活性剤も入っていません(重曹なので当たり前ですが)。

良い点だけまとめると
・中性に近いアルカリ性のためいろんな場所に使える。
・においが全然気にならない
・肌に触れても安心

こんなところですね。

今回は鍋の底に付いた焦げをとるのに使用!


鍋に入れたカレーを温めていたのですが、食器とか出している間にいつの間にか焦げてしまいました。


近くで見るとこんな感じ。
画像の2倍ぐらい焦げついていたのですが、洗剤とスポンジで多少落とせました。
しかし、これ以上はさすがに無理だと思ったので今回は重曹に頼ってしまいました。


まずは鍋の中に水を張って粉の重曹を入れます。
割合は大体「水:重曹=2:1」が基本みたいですが、大きい汚れでなければ大さじ2杯ぐらいでも大丈夫です。
逆に換気扇などの油汚れの場合は「水:重曹=1:2」ぐらいのほうがいいみたいですね。
今回はそんなに大きい汚れではなかったので大さじ1杯半ぐらい入れました。


水と重曹の準備ができたら鍋を温めます。
沸騰させるまで温め、その後は弱火で10分ほど放置します。


10分沸騰させ続けたら冷めるまで待ちましょう。
つけておくと汚れが取りやすくなるので5分ぐらいは待った方がいいと思います。


後はスポンジで汚れを取るだけです。


そんなに力強くこすらなくても簡単に汚れが取れました。
本当に跡形もなく取れたので結構驚いています。
鍋底の焦げがひどい場合は、スポンジではなくヘラを使って取るのも有効的です。
一応弱アルカリ性なので長時間手が触れているとただれてしまう可能性がある為、こするときは時間をかけすぎないようにするかゴム手袋など付けたほうがいいでしょう。

鍋底が焦げてしまいなかなか落ちなかったので焦りましたが、念のため100均ダイソーで買っておいた重曹がこんなところで役に立つとは思いませんでした。
家に一つあるといろいろと使えるので一つ購入しておくと便利だと思います。

今回は以上になります(^^)

ダイソーの200円ステレオイヤホンが意外と機能的!

どうも(^^)ケンタローです☆
今日紹介するのは日常で使う家電に関する商品です。

スマホで音楽を聴くときは大半の方がイヤホンを使いますよね。
ポケットに入れたりかばんに入れて音楽を聞かれる方は、断線する確率も上がってくるとも思います。
100均ダイソーにある「200円ステレオイヤホン」は値段の割には機能的です。
あまり音にこだわりがない方にはコスパもいいのでオススメです。

まずは画像から!

ダイソーの「ステレオイヤホン」

【スペック】
・カナルタイプイヤホン
・コードの長さ1メートル
・シリコン製イヤーピース

スピーカー規格
ドライバーユニット口径:Φ10mm
再生周波数帯域:20-20,000Hz
出力音圧:107±5db
インピータンス:16Ω

あまり家電に詳しくないのでスピーカー規格ってよくわかりませんが、大体一般の家電量販店で売られているイヤホンもこれぐらいだそうです。

正直100均のイヤホンって見た目が安っぽく、あまり音質を気にしない僕ですらも気になるぐらい音質が悪いので、いつも1000円ぐらいの物を購入していました。
2年ぐらい使っていたら断線してしまい、久しぶりに100均で探してみようかと思った矢先、200円でよさそうなイヤホンを見つけたのですぐに購入しました。
見た目からして明らかに他のイヤホンとは違いがあったので、今回は期待しちゃいました。


普通に1000円ぐらいで売ってそうなイヤーピース。


シリコンを外してみるとプラスチック製で若干安っぽい感じ。

【使い方と感想】
まず付け心地としては若干シリコンが耳にフィットしずらいというのが正直な感想ですね。

画像のようにイヤーシリコンの外側がかなり薄いので、付けた時に弱々しい感じがします。
また、フィット感もいまいちなので音が漏れてしまうのも否めません。
家の中で動いたり歩く程度の運動であれば問題ないかもしれませんが、それ以上の動きになると外れそうで怖い。
ちょっと引っ張るとシリコンがずれてきて手で直さないと気になる感じ。

肝心の音に関してはいい意味で普通ですね!
安っぽいのは否めないのですが、低い音から高い音まで全体的にバランスよく聞こえるので特に違和感とかは感じません。
もっと低い音がしっかりでてくれればありがたいのですが、200円の商品にそこまで求めるのは贅沢すぎますよね。
まあでも、音にこだわりがある方は安っぽい音だと批判されるかもしれませんが、僕みたいに聴ければいい程度に思っている方にとってはあまり気になりません。
どちらかというと音楽よりもラジオを聴くことのほうが多いので、こんなもんで十分かなと。

もしもイヤーシリコンが気になる方は・・・・

100均セリアに低反発イヤーピースも売っているのでこちらを使われるのもおすすめです。
ソニーでも400円ぐらいで似たような商品を出しています。
これを使えば耳にしっかりとフィットしてくれるので、引っ張ったり激しく動いても外れる心配がありません。
それに加えて耳にしっかりとフィットする為、音が外に漏れず音質が若干よくなった気がします。

画像のように付属のイヤーピースと比較すると分厚さが全然異なるので、安定感があります。
白いイヤホンに対して黒いイヤーピースだと若干違和感があるので、低反発イヤーピースも購入される方は黒いイヤホンを購入しといた方がデザイン的にいいと思います。

これまでは100均のイヤホンは安っぽすぎて全く使うことを考えていませんでしたが、今回紹介した200円のステレオイヤホンはかなりかなと思います。
今後も音にこだわりを持たなければダイソーで済ませようと思います。

ダイソーの携帯電話ホルダーがシンプルかつ機能的!

どうも(^^)ケンタローです☆
今日紹介するのはカー用品に関する商品です。

車内での携帯電話(スマートフォン)の置き場所って意外と困りますよね。
ドリンクホルダーに入れるのは不格好ですし走行中に落ちてしまうこともあるので大変危険です。
100均ダイソーの携帯電話ホルダーはエアコンの吹き出し口に取り付けられるのでどんなクルマでも使用できます。
縦横回転するので状況に合わせて設置できるのも便利です。

まずは画像から!

ダイソーの「携帯電話ホルダー」

【スペック】
・携帯電話ホルダー
・360度回転が可能
・横幅4.2~6.5mmまでの携帯電話に対応

【使い方と感想】
取り付け方は2通りあります

①エアコンのフィン(吹き出し口)に取り付ける
②両面テープで貼る

以上の2通りですが、今回は画面が見えるように壁に掛けたかったので、エアコンのフィンに取り付けました。
壁にかける場合100均のクオリティを考慮すると、両面テープだとすぐにとれてしまう可能性があるのでやめたほうが無難だと思います。

まずは付属のクリップを取り付けます。

長さは2種類あるのでサイズ感のいいものを選べばいいと思いますが、取り付けに慣れていない場合は長いほうが取り付けやすいです。
ただし、吹き出し口が短いのに長いクリップを使用するとホルダーが安定せず運転中にガタガタ動いてしまうので注意が必要です。
今回はサイズ感も考慮して短いクリップを使用しました。

クリップを取り付けるとこんな感じ。
真ん中にある円形の穴にクリップを入れて横にスライドさせれば準備完了です。
あとはクーラーの吹き出し口に取り付けるだけなのですが・・・・


付けようとした時に気がついたのですが、僕の車の吹き出し口は縦向きになっていました。
ほとんどの車では横向きについていることが多いので気にしていなかったのですが、まさかの自体でした。
奥の方にもクリップを引っ掛ける部分があったのですが、長い方のクリップでも届きそうになく縦につけることを決意。


縦に設置したらこんな感じ。端末はiPhone4です。
iPhone5も横幅はほぼ同じなので難なく取り付けられると思いますが、iPhone6ぐらいになると取り付けるのが難しいかもしれません。
引っ張りながら取り付けられるワンプッシュ・リリースという機能のおかげで、携帯電話(スマートフォン)をつけるのは簡単です。
滑り止めスポンジがスマートフォンをしっかり固定してくれるので、ホルダーから落ちてしまう心配もありません。
今回縦に設置したことにより左右に揺れることはあまりないのですが、スマホが下を向いてしまうのでちょっと画像が見にくいのが難点ですね(^^;

【注意点】
エアコンの吹き出し口に取り付けたときは、エアコンによってスマートフォンの温度が変わってくるので注意が必要です。
特に冬場は充電しながら動画再生などして、さらに暖房を当ててしまうとスマートフォンがとんでもなく熱くなってしまいます。
逆に夏はクーラーを効かせるので充電しながら使用しても熱くなりません。
僕は夏には弱めの風を当て、冬は吹き出し口から温風が出ないようにして温度調整しています。
スマートフォンのために温度調節するのもおかしな話ですが、熱くしすぎても冷たくしすぎて携帯端末には良くないので、そこらへんも気をつけたほうがいいでしょう。

ダイソーの靴カバーが機能的でいい!

どうも(^^)ケンタローです☆
今日紹介するのはアウトドアなどで役に立つ商品です。

夏にはキャンプやバーベキューなどアウトドアなイベントがありますね!
しかし、天気に恵まれないこともあるので雨対策はしっかりしておきたいところ。
100均ダイソーに売っている靴カバーは意外と質が良く、機能面においては十分防雨対策になります。
ちょっと不格好なのが残念ですが、コンパクトに収納もできるので携帯にも便利です。

まずは画像から!

ダイソーの「靴カバー」

【スペック】
・塩化ビニール素材の靴カバー
・高さ24cm、靴底32cm
・32cm以下の靴に対応

裏面はザラザラした感じになっているので多少の滑り止めにはなると思います。
コンクリートの上で使うと滑りやすく破れてしまいそうになるので、土や芝生で使うのがいいでしょう。

【使い方と感想】
使い方は簡単で、靴を履いたままこの靴カバーを付けるだけです。

靴が入るとこんな感じ。
32cm以下の靴に対応できるとありましたが、画像のように27cmのスニーカーを入れたら結構ギリギリなので、実際は27cm以下の靴しか難しそうです。
まあ、それ以上のサイズの方は少数だとは思いますので、大半の方にとっては問題ないと思います。
かかとの上部についている紐を絞れば、違和感なく靴カバーがフィットしてくれて歩きやすくなります。


丸めればかなり小さいサイズにもできるので携帯するのにも便利です。
個人的にはリュックの小さいポケットなどちょうど良く入るので、アウトドア用のリュックには常に入れてあります。


一つ残念だったのが片方のカバーについている輪ゴムが切れてしまったことですね。
普通の輪ゴムなので仕方がないのかもしれません。
それでももうひとつ黒い紐の絞りがあるので機能面においては特に問題ありません。

長期間使うのは難しそうですが、2~3回程度であれば十分使えるので、アウトドアの際は一つ購入しておくと便利かと思います。

今回は以上になります(^^)

ダイソーのキャップ付鼻毛ハサミが結構機能的!

どうも(^^)ケンタローです☆
今日紹介するのは鼻毛の処理に役立つ商品です。

ムダ毛処理の中でも重要なのが鼻毛の処理。
どんなにイケメンや美少女でも鼻毛が出ていると台無しになってしまいます。
100均ダイソーに売っているキャップ付鼻毛ハサミは先端が丸くなっているので、中を傷つけにくく使いやすいです。
キャップ付きで携帯しやすく保管もしやすいので利便性もいいのでかなりオススメです。

まずは画像から!

ダイソーのキャップ付鼻毛ハサミ

【スペック】
・さびにくいステンレス使用
・キャップ付きで携帯や保管に便利
・サイズ:縦8.4cm、横5.1cm

【使ってみた感想】
一番良かったのは先端が丸みを帯びていることによる安全性です。

写真のような感じで尖がりがないので、鼻の中を傷つけにくくなっています。
使用中に何回も先端が鼻の中に当たりましたが、特に傷もつかず痛みもありませんでした。

キャップが付いていて衛生面も考慮されているのもいいですね。
使用後はティッシュなどで拭き取って、キャップに収めればOKです。
普段保管するのに役立つのはもちろん、旅行などに携帯するのにも便利なので一石二鳥ですね。


一応ステンレス製なので水分に触れさせたり、湿気の多い場所での保管は避けたほうが良さそうです。
ハサミ自体も全体的に細い作りになっているので、強度が弱く扱いにも注意が必要です。

ダイソーで探したら他にも色んな鼻毛ハサミがありましたが、キャップが付いていてこれだけコンパクトな商品は他にはありませんでした。
細くて使いやすく携帯にも優れているので個人的にはかなりオススメです。
顔の手入れで眉毛や髭も重要ですが、あまり目立たない鼻毛の手入れも重要なので一つ買っておくと便利だと思います。

今回は以上になります(^^)

ダイソーの折りたたみポリタンクがコンパクトでいい!

どうも(^^)ケンタローです☆
今日紹介するのはアウトドアに役立つ商品です。

バーベキューなどのアウトドアに必要なのが水を溜めておくポリタンク。
持っていくのに場所を取るので、できればコンパクトに抑えたいですよね。
100均ダイソーの折りたたみポリタンクはコンパクトにたためて場所をとらないので使い勝手がいいです。
400円と値段はかかりますがポリタンクの中では安いほうだと思います。

それがこちらです!

ダイソーの折りたたみポリタンク

【スペック】
・コンパクトに収納できる伸縮タイプ
・蓋が大きくて水を入れやすい
・容量約3.5ℓ
・サイズ:幅22.5cm、奥行き17cm、高さ10.5cm(収納時)、高さ21.5cm(使用時)

【使ってみた感想】

準備は非常に簡単で
①蓋を開ける
②水を入れる
③蓋を閉じる
以上で完了です。
後は適当な場所に置いてコックをひねるだけです。
一番いいのはポリタンクにしては非常にコンパクトで持ち運びがしやすいところですね。
リュックサックにも入れることができるので車でなくても持ち運ぶことができます。


使用時はこんな感じ
半透明のタンクなので水の減り具合がひと目で分かります。
重さは片手で持ってもそんなに重くは感じないので、水を入れた状態で持ち歩いても腕が疲れません。
水を入れるときは広口なので入れやすく、洗いやすいので手入れもしやすいです。


蛇口から出てくる水の量や勢いは手を洗うにはちょうどいい感じですが、コップに入れるにはちょっと弱い感じです。
コックもそんなに固くないので子どもの手でも十分引くことができます。

正直全体的に作りが安っぽいのは否めないですが、携帯できる利便性を考慮するとクオリティは高めだと思います。
買ってから洗剤使って洗ってから使用してくださいとありますが、個人的には飲み水として使うのはどうかなと思います。
2~3人ぐらいの規模で手洗い用として使う分にちょうよく、飲み水はペットボトルなどで確保したほうがいいかなと。

今回は以上になります(^^)

ダイソーの室内物干しフックが梅雨の時期に大活躍してくれる!

どうも(^^)ケンタローです☆
今日紹介するのは梅雨の時期など部屋干しが多い時に役立つ商品です。

梅雨の時期に多くなる部屋干しですが、干すスペースを確保するのって難しいですよね。
特に一人暮らしの方は部屋が狭いので限りあるスペースを有効活用したいところ。
100均ダイソーの室内物干しフックなら、ドア淵があればどこでも干すスペースを確保できます。
2~3本分のハンガーが干せるのでちょっとスペースを確保したい時に便利です。

それがこちらです!

ダイソーの室内物干しフック

【スペック】
・室内物干しフック
・耐荷重量2kg
・厚み2.0cm~4.5cmまで取り付け可

2段階調節が可能なのでドア淵でぐらつくことがなくしっかりと固定できる作りになっています。
取り付けられる場所のサイズは木の厚みが2.0cm~4.5cm、上部奥行き9mm以上であれば使うことができます。

【使ってみた感想】
使い方は本当に簡単でドア淵の部分にこの物干しフックを掛けるだけです。
あとはハンガーなどを掛けるだけで完了です。
小物干しハンガーやズボンハンガーなど重さがあるものはできれば避けたほうがいいかと思います。
また、画像ではドアが空いたままですが、ドアを閉めた状態で使用できるのも結構ポイントが高いです。
場所によっては難しいですが、大半のドア淵では閉めたまま使用可能なので冬場の寒い季節にも十分使うことができます。

【使用上の注意点】
しっかりと固定されることとは裏腹にドア淵を傷つけてしまう可能性があるので注意しましょう。

かもいやドア枠の部分にピンを取り付けるような作りになっているので、賃貸物件では特に注意が必要です。
僕が使っている限りではそんなに目立った傷はありませんが、長期間使うと跡が残ってしまいそうな感じです。
取り付ける場所をちょっとずつずらしたりして一部分だけに負担が生じないようにしたほうがいいと思います。

今回の商品はハンガー2~3本程度しか干せないので、室内で干す時の補助器具として使用する感じになると思います。
梅雨の時期や冬場には室内干しの機会が増えると思うので、一つ購入しておくといざという時に役に立つと思います。

今回は以上になります(^^)

ダイソーの「アイマスク 耳セン付」が旅行に最適!

どうも(^^)ケンタローです☆
今回は仮眠をとる時に役立つ商品を紹介したいと思います。

旅行など長時間に及ぶ移動は飛行機や車の中で仮眠を取ることが多いですよね。
少しでも疲れを取るために眠りの質は上げたいものです。
100均ダイソーには様々な種類のアイマスクが売っており、クオリティも高いものが多いです。
今回紹介するアイマスクは耳セン付で箱に入っているので携帯にも便利です。

まずは画像から!

ダイソーの「アイマスク 耳セン付」

【商品の特徴】
・起毛素材のアイマスク
・ポリウレタン素材の耳セン付
・箱入りで携帯しやすい

中身はアイマスクと耳センの2つのみです。
耳センの袋にはジップが付いていますが、ほとんど機能していないので開いたままになってしまいます。


アイマスクは僕が苦手とする耳に掛けるタイプのように見えましたが、耳に掛けずに使うタイプだったので問題ありませんでした。
起毛素材なので付け心地はいいのですが、鼻カバーはビニール素材でできているので付け心地がよくありません。
色が黒なのでしっかり光を遮ってくれるのかと思っていましたが、結構光が入ってきて、鼻カバーからも若干光が漏れてきてしまいます。


耳センの使い方についても箱の裏面に書いてありました。
1.耳センを指先で回転させながら細くする
2.入れすぎに注意しながら耳センをゆっくり挿入
3.耳センがふくらみ、20秒ほどでフィットする


指でつまむと簡単につぶれます。


元に戻るのも結構早いですね。

今回のアイマスクはクオリティあまりよくありませんが、耳センがついている点や箱に入っていて携帯しやすい点がいいところですね。
旅行などの際に荷物がかさばるので、使い捨て感覚で持ち歩く用として使用すればいいと思います。

今回は以上になります(^^)

ダイソーのマイクロビーズネックピローが仮眠をとるときに便利!

どうも(^^)ケンタローです☆
今日は仮眠をとるときに便利な商品を紹介したいと思います。

車や飛行機の移動で仮眠をとるときに欠かせないのが首元のクッション。
これを使って寝るかどうかで寝起きの疲れ具合がかなり変わります。
100均ダイソーでオススメなのがマイクロビーズネックピロー!
値段は300円ですがビーズのクオリティや程よく首周りを包んでくれる機能性を考えると十分安いと思います。

まずは画像から!

 

ダイソーのマイクロビーズネックピロー

【商品の特徴】
・マイクロビーズ入りクッション
・サイズ28×27cm
・洗濯はできない

まずは表面の手触りから!
ボーダー柄の表面はポリウレタンが8%混ざっているので、伸縮性があり簡単に破れなさそうな感じです。
感触はややざらざらした感じなので気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、タオルなど敷けば解決します。

裏面はポリエステル100%で起毛素材のような感じになっているので、肌触りが気になる方はこちらを表面にして使ってもいいかもしれません。
裏表それぞれ感触が異なるので好みのほうで使っていただけます。

使った感想!
まず寝ている間は首がしっかり固定されるので、首にかかる負担が軽減されるのを感じます。
車や飛行機の椅子で寝るときは頭が傾いてしまい首や背中に負担がかかることが多かったのでかなりありがたいです。
個人的にはビーズの量がちょっと多いと思うので、あと10%ぐらい減らしてほしいですね。
まあこれは使っていくうちにちょうどよくなっていくのを祈ります。


下の方にあるパッチボタンは首に巻き付けるために使うものだと思っていましたが、どう考えても息苦しくなります。
恐らく小さい子供ぐらいしか使用中にとめるのは難しいでしょう。
そこで僕は考え方を変えて、使用中は外し、保存するときは形を崩さないために使うボタンとして使用しています。


フックにもかけられるようになっているので、カバンに付けたり車のシートに吊るしたりと収納面も優れています。
僕は車の中に入れていますが、助手席のシートに吊るしているので普段は全く邪魔になりません。

購入する前は100均にしては300円は高いなと感じていましたが、使用してみると300円以上の価値があったので満足しています。
移動や仮眠をとる機会が多い方には非常にお勧めの商品なので一つあると便利だと思います。

今回は以上になります(^^)

ダイソーのレンジラップがエコで使い勝手もいい!

どうも(^^)ケンタローです☆
今日は調理器具関連の商品を紹介したいと思います。

食材の保存に欠かせないのがラップフィルム!
使い捨てのほうが便利ですが、できれば使いまわせるほうが経済的でいいですよね。
ダイソーなどの100均に売っているレンジラップなら保存だけでなく電子レンジにも使用できるので非常にエコです。
サイズも三種類あるのでいろんな食器に使えます。

まずは画像から!

 

ダイソーのレンジラップ

【商品の特徴】
・冷蔵庫で保存してそのままレンジで使える
・洗えば何回も使用可能
・大きさは大中小の三種類(僕が購入したのは大と中)
・大(直径22cm)、中(直径18.5cm)、小(買ってないのでわかりません)

【使い方】
冷蔵庫に保存するときは食器に合ったサイズのレンジラップをかぶせるだけです。
購入する前にある程度サイズを測っておいたほうがちょうどいいものを選べるのでお勧めです。

電子レンジで加熱するときは冷蔵庫からそのまま入れるだけでいいのですが、グリルやオーブンの時には使用できないので注意が必要です。
また、油分や糖分の多い食品だと加熱中にはねる可能性が高いので、できる限り避けた方がいいでしょう。
レンジで温めた後は蓋の内側に湯摘が付いていることが多いので、取り出すときにやけどをしないように気を付けたほうがいいです。


頻繁に使う方はフックに掛けておけばすぐに取り出せるので、収納の仕方も工夫できます。
僕は冷蔵庫の上に電子レンジを置いているので、冷蔵庫のフックに掛けています。
すぐに取り出すことができるので結構便利です。
また、プラスチック素材なので高温になる場所や火の近くに置いてしまうと変形の原因になります。
金属製のたわしなどを使っても劣化の原因となるので、洗うときはスポンジでサッと洗う程度がちょうどいいと思います。

僕はたまたま頻繁に使用する食器とサイズが合ったので、最近ではよく使うようになりました。
食器とサイズが合えば一つ買っておくと便利だと思います。

今回は以上になります(^^)