バスルーム(お風呂)が最適! スマホの液晶保護フィルムをきれいに貼る方法!

保護フィルム
Pocket

スマートフォンの液晶画面を守ってくれる液晶保護フィルム!
最近では指紋が付きにくくなったり、ブルーライトをカットしてくれたりとクオリティが上がっていますが、どんなに高級な保護フィルムも貼り方が雑だったり気泡が入っていると台無しになってしまいます。
できる限りきれいに貼るようにする方法として、バスルーム(お風呂)で保護フィルムを貼るというやり方があります。
僕は先日、話題のiPhone SEを購入したのでこの方法で、きれいに保護フィルムを貼ることができるのか試してみました。

目次

  1. 保護フィルムを貼る目的
  2. 保護フィルムを張る前の事前準備
  3. 保護フィルムはバスルーム(お風呂)で貼る
  4. 保護フィルムの貼り方

保護フィルムを貼る目的


そもそも保護フィルムは何のために貼るのでしょうか。
理由は様々かと思いますが、一番の目的はやはりスマホの画面を傷から守ることかと思います。
ちなみに保護フィルムにも3種類ありそれぞれ特徴があります。

①強化ガラス保護フィルム
画面の強度を高める効果があり、落としてもスマホ画面が割れにくい

②耐衝撃性の保護フィルム
価格が安く感度が落ちづらいが、気泡が入りやすく衝撃に弱め。

③全面保護フィルム
本体の端までスマホの前面を覆うので保護範囲が広く、気泡も入りにくい

どんなに丁寧に扱ったとしても細かい傷を防ぐのはかなり難しいです。 スマホ画面の真ん中に傷がついてしまうと、スマホを使う度にそこが気になってしまいます。 スマホ画面に傷がついてからでは手遅れなので保護フィルムは早めにつけることをすすめいたします。

保護フィルムを張る前の事前準備


ツールの準備

まずは保護フィルムを貼るのに必要なものを準備しましょう。
保護フィルムを購入すれば大体セットで付いてくるものばかりなので別個で用意する必要はないとは思いますが、一応必要なもの一覧です。
今回僕が購入したものはスマホケースとセットになっていたガラスフィルムです。

保護フィルム

・液晶保護フィルム
・アルコールペーパータオル
・クリーニングクロス
・埃除去ステッカー

この辺りがあればほとんど問題ありません。

 

手順の確認

作業に取り掛かる前にしっかり手順を確認しておきましょう。
順番が間違ったりすると失敗してしまうこともあるので注意が必要です。
これも大体マニュアルなどが同封されているのでそちらを確認しておけば問題ありません。

保護フィルム

①保護フィルムをつける前に手を洗う
②アルコールペーパーで画面を拭く
③クリーニングクロスで埃と水滴を拭く
④埃除去ステッカーで埃を取り除く
⑤保護フィルムを貼る

大まかにですが上記の手順を頭に入れておけば間違いも少なくなります。

 

保護フィルムはバスルーム(お風呂)で貼る


保護フィルム

保護フィルムを貼るときの天敵はなんといっても「埃」!
スマホ画面に埃がついていない状態で保護フィルムを貼るのがベストなのですが、埃は宙を舞うものなので防ぎにくいのも事実。
実はバスルーム(お風呂)の中は湿気が多く埃が舞いにくく、気泡も入りにくいので保護フィルムを貼るのには最適な場所なんです。
シャワーを浴びてから1時間ぐらい換気扇を回した状態がちょうどいい具合の湿度になるのでおすすめです。
床に物を置くことを考慮して、あらかじめタオルで拭いておくのもお忘れなく。

 

保護フィルムの貼り方


では、具体的に保護フィルムの貼り方を解説いたします。
まずは手をきれいに洗ってから必要なものをそろえておきます。

保護フィルム

スマホの画面をアルコールペーパータオルで拭きましょう。
表面の汚れや垢など大まかな掃除をいたします。

保護フィルム

次はクリーニングクロスでスマホ画面を拭きます。
ここでは指紋を全て拭き取り汚れがない状態までもっていきます。

保護フィルム

埃除去ステッカーで付着した細かい埃を取り除いていきます。
この作業はやらなくてもいいのですが、やった方がよりきれいになるのでおすすめです。

保護フィルム

いよいよ保護フィルムを貼っていきます。
貼るときは上部スピーカー部分に合わせるようにするとずれることが少なくなります。

保護フィルム

貼っただけでこの状態になります!
端っこの貼り切れていない部分はクリーナーの上から押していけば貼ることができます。

 

実際に貼り付け作業をして感じたのは、バスルーム(お風呂)の中だと埃がほとんど舞っていないので、画面に埃が付かずストレスもありませんでした。
スマホをお持ちの方であればだれもが一度は悩まれたと思われる保護フィルムの貼り方ですが、バスルーム(お風呂)で貼り付けを行えば今まで以上にきれいに貼ることができるかと思います。

SNSでもご購読できます。